セフレサイトの有効な活用法の紹介

shutterstock_447620515-min

最近は、若い人の間で「セフレサイト」という、セフレに巡り合えるサービスのことを話題にすることが増えています。

ただ、利用したことの無い人は、何をどうすれば好みの人に会えるのかよくわからない、というのが本音のようです。

セフレサイトの4つのステップ

セフレサイトでセフレを見つけるには以下の手順を踏みます。

最近は多くのセフレサイトがありますが、使い方の違いはほとんどありません。

まずは、会員登録をして、プロフィールを作成

このプロフィールがとても重要で、相手に自分のことを知ってもらう大事なツールになります。

それと、自己紹介では出会える機会を増やすために、趣味とか好きなことはより多く、具体的に書いた方がアプローチを受けやすくなります。

なお、会員登録にはFacebookのアカウントを必要とするものが多くなっているので、事前にFacebookに登録をしておくと良いかもしれません。

会員検索をして良さそうな人を探す

会員検索では、初めに年齢や地域でしぼると良いかもしれません。

検索では職業や年収、休日、お酒やタバコなどの嗜好まで、細かく設定することができます。

気になる人がいたら、「いいね!」を押す

いいね!というと、TwitterやFacebookみたいですけど、セフレサイトでは別の機能として使っています。

いいね!を送った相手からも自分にいいね!が返ってくると、マッチングが成立します。

マッチングが成立すると、そこで初めてメッセージを送ることができるようになります。

つまり、勝手にメッセージを送れるわけではありません。

メッセージのやり取りをしてお互いの意思が通じたら、実際に会う約束をします

この4つのステップを踏むと、気の合う異性に会えるようになります。

メッセージのポイント

メッセージは、相手が返事を書きやすいように、興味のあることや好きなことに関して書くと、話が弾みやすくなります。

例えば、プロフィールに「プロ野球観戦」と書かれていたら、「どこのチームが好きなんですか?その選手を応援しているんですか?」だとか、『何回くらい、試合を見に行くんですか?』とメッセージを送ると、相手も返事を返しやすくなります。

そうなると、相手との親近感が増していきます。

手軽に相手の見つけられるセフレサイトの利用

真面目にセフレサイトを利用すれば、相性のいいセフレを見つける確率が高くなります。

まずは、有名な企業の運営しているセフレサイトを利用してみることをおススメします。

なお、セフレサイトの利用料金は月額2,500~4,000円になっています。

サイトマップ